アフィリエイトで豊かな生活

不労所得を手に入れ、仕事に縛られず自分らしい生き方を手に入れる方法とその奮闘記

ブログの文字数がベスト?アクセスを稼ぐ最適な文字数とは

f:id:yumemiraitunagu:20200219044058j:plain
こんにちわ!かつやんです!

ブログを書く上で1記事の文字数ってアクセス数と関係があるか調べてみた所。

文字数はSEO的に超重要でした!


今回は、アクセスを稼ぎやすい記事の最適な文字数。
文字数の少ない・多いブログのメリット・デメリット。
検索エンジン上位の目指し方、等々書いております。
是非興味があれば最後までお読みください!


アクセスを稼いでるブログの文字数は?

結論から言うと、

キーワード毎に必要な文字数は変わります。

例えば子供や高齢者が好む様な記事は2,000字前後の記事が上位を連ねていますし、
文字数より画像や動画が多い記事が好まれます。

女性のユーザーが読む記事や、トレンド記事は3,000〜4,000字前後。

特化型の専門職の強い記事や男性が好き好みそうな記事は8,000〜10,000字。

それぞれジャンルやキーワードによって文字数が違いました。


検索エンジンで上位表示されるには?

検索エンジンはクローラーと呼ばれるコンピュータープログラムを各Webサイトに巡回させて情報を読みとります。

その情報をデータベースに持ち帰って整理・登録する。この作業をインデックスといいます。

例えば『ドラゴンボール 悟空 技』というキーワードで検索された時、

Googleはインデックスされている膨大なデータの中から
『ドラゴンボール 悟空 技』に関係があってユーザーのニーズを満たせる可能性が高いページを上から順番に並べます。
検索順位はこの様に決まります。

また、クローラーは画像の認識が出来ません。
画像を貼ってもそれがドラゴンボールに関係のある画像か判断ができず、
全て文章内の関連性の高いキーワードの量や種類を見て判断します。

以上の結果から、検索エンジンに上位表示をされるには
『キーワードを多めに使用した情報量が豊富な記事』
が比較的上位に上がってきます。


検索エンジン1位の記事の平均文字数は?

前途でも述べた通りジャンルにより変わりますが、
多くは8,000字前後が占めています。

これは『キーワード』『共起語』がタイトルや見出しに多く使え、記事に多く含まれる為、必然的にGoogleが質の高い記事と判断し評価が高くなるのです。

 『共起語』とは 例えば、『ドラゴンボール 悟空 技』について検索された場合
「カメハメ波」「元気玉」「瞬間移動」等、同じ文章の中に頻繁に出てくるであろう単語として位置づけられるものが共起語です。

共起語はGoogleが専門性を判断する際の1つの要素となっているようで、共起語を適切に使用することでコンテンツを検索結果で上位表示させることができます。

実際『共起語』は自然と書いてれば出てくるであろうワードですが、
意識して書く事で使用頻度や種類も増え、ペルソナを考えて作成する事で、より質の高いコンテンツに仕上がり検索エンジンの順位を高める事が出来ます。


文字数多めにすれば順位が上がるって事??

じゃあ『キーワード』と『共起語』をたくさん使って文字数を8,000字位にすれば検索順位で1番になれるの??

答えはNOです。

検索エンジンの評価は滞在時間や離脱率なども評価に含まれます。
どのような文章でも無理やり長く伸ばすことは可能です。
タラタラと長く、中身のない読みづらい記事をユーザーが好みません。

いかに少ない文字数で的確な表現ができるかが重要なポイントです。
質の高いライティングでコンテンツが豊富である事が大切です。




文字数の少ないブログの特徴

2,000文字前後のブログを対象に調べました。

●文字数の少ないメリット

・記事がシンプルで読み易い。
・比較的早く仕上げる事が出来る。
・スピードネタのトレンドに向いている。

検索ユーザーが知りたい情報をわかりやすく的確に提示出来る事。


●文字数の少ないデメリット

・内容が薄い、補足などが少ない。
・滞在時間が短くなる。
・キーワードや、関連ワードが少なくなる。

文字数的にもキーワードや関連ワードも少なくなりがちで、滞在時間が短くなるので検索順位で上位に上がりにくくなる。


●文字数が少なくても人気の記事

・トレンド系スピード重視のジャンル
・すぐに結論に直結するもの
・子供や年配層がターゲットのジャンル
・ライバルが少ない分野
・重要な情報だけが簡潔にまとめられた記事

スピードが命のトレンドや、読み手が子供、年配層なら比較的短文の方が好かれる傾向が多い。
また、読者は記事を全て読んだりせず。
知りたい情報だけを調べて行くので、簡潔にまとめられた質の高いページは評価されやすい。




文字数の多いブログの特徴

5,000文字以上の記事を対象にしらべました。


●文字数の多いメリット

・キーワードや関連ワードが多く使える。
・滞在時間が長くなる。
・情報量が多く、ロングテールに向いている。

キーワードや、関連性の高いワードが複数使え、読者の滞在時間も長くなるので必然的にページランクが上がりやすくもなる。


●文字数の多いデメリット

・一記事の作成時間がかかる。
・文章力がないと離脱率は高くなる。
・初心者には難しい。

文章力に大きく左右されます。
折角長い時間かけて作っても、文章が無駄に長く途中で離脱されてしまう場合もあります。


●文字数が多くても人気の記事

・男性向けの情報商材
・じっくり情報を吟味して比較検討したい商品
・ライバルが多くて競争が激しい分野
・ビッグワードのロングテールネタ
・独自の思考やアイデアを取り入れたページ

文字数が多い文キーワード・関連性の高いワードを含めやすいので、比較的上位にもあがりやすいです。折角長い時間かけて作っても読みづらかったり、ダラダラながいだけの記事は人気が出る事はありません。



大切なのは『記事の質』

文字数の多い少ないよりも記事の質が重要です。

記事の質とは、その記事に読む価値があるかどうか。
クオリティの高いページとは、有益な情報を提供して検索ユーザーが求めている情報を的確に提示しているページです。

Googleが高クオリティと認める傾向は
『キーワードが多く使われた情報量の充実しているページ』である為、
文字数が多いほうが比較的有利になる傾向が強いが
『記事の質』あってこそのボリューム感です。

文字数が多いだけの読みづらい記事より、
文字数が少なくてもユーザーにとって解りやすい記事であれば充分価値のある記事になります。大切なのは有益な情報を提供している事です。



まとめ!結果何文字がベスト?

結論『文字数&質が重要』
その上で『5,000〜6,000文字』位が良い。


検索順位の決定でも話した通り、キーワードの量や関連性の高いものがそのページの質を左右するので、文字数はSEOの観点から見ると5,000〜6,000文字を目安に作成した方が評価されやすい。

仮に2,000文字以下であっても有益な情報であれば勿論評価されるが、
キーワードが多く使える分、文字数は多い方が上位表示され易い。

だからと言って無理やり文字数を増やそうと、無駄な単語や関連ワードを増やし、文章が不自然で余計な情報の多い記事は「質の低いコンテンツ」とみなされ順位が上がることはありません。
読者の目線で読み易さ+情報を持たせる事が重要です。

5,000文字以上の記事は初心者が書くとなるとハードルが高い。
最終的にリライトを繰り返し加筆が加わる為7,000字前後に落ち着く事になると思いますが、

無理して最初から8,000文字以上の記事を書くより。
質の高い記事を意識して5,000文字を目安に作りましょう!


関連記事の紹介

書いたばかりの記事はブログ村でアクセスを増やす!
www.katsuyan-affiliate.com

アドセンスはPVが増えれば収益も増える!
www.katsuyan-affiliate.com

1日1,000PVの壁を突破するまでの大切な事!
www.katsuyan-affiliate.com

アクセスを増やす簡単リライト教えます!
www.katsuyan-affiliate.com

はてなブログのアプリが勝手に落ちて困っている方へ
www.katsuyan-affiliate.com




にほんブログ村 小遣いブログへ